アードベッグ ヒストリー

History of Ardbeg

アードベッグ蒸留所は、アイラ島南部の海沿い、大西洋の波に洗われる
岩の多い小さな岬に1815年に設立されました。
蒸留所は数奇な過去をたどり、80年代には閉鎖を余儀なくされたこともありました。
不死鳥のごとく復活を遂げるには、1997年のグレンモーレンジィ社による
買収を待たねばなりませんでした。

History of Ardbeg

History of Ardbeg

Against the Odds

古くから熱狂的に支持されてきたアイラモルト、アードベッグ。
高い名声にも関わらず、その歴史は決して明るい側面ばかりではありません。
蒸留所閉鎖の危機にたびたび見舞われ、存続すら危ぶまれた過去。
そんな窮地からの復活劇の裏には、アードベッグを愛してやまない人々の 思いがありました。

Against the Odds

数々の危機を乗り越え1997年、アードベッグはいよいよグレンモーレンジィ社の傘下へ

Ardbeg Returns

すべてのアードベギャンのために。
アードベッグ、復活。

Continued Determination

In the midst of tragedy

1997 Our Experiences

Continued Determination

蒸留所の壁に、靴箱がひっかけてあったんだ。
「これはこの地域の風習か何かかな?」と
思って蒸留所メンバーに聞いてみると…
驚いた。箱を外してみると、電気のブレーカーが
出てきたんだ。壊れたカバーを修繕する費用を
節約してまで運営を続けてきた
努力にすごく感動したよ。

Dr. Bill Lumsden ー 蒸留・製造責任者

In the midst of tragedy

アードベッグに赴任する夫と共にアイラに
降り立ったのが97 年の8月。ちょうどダイアナ妃が
事故で亡くなった日だったから、
その日のことはとてもよく覚えているの。
当時の蒸留所は改修前でまだボロボロ。
アイラに行く前「アードベッグは素敵なところだよ」
なんて言っていた夫に、
思わず「うそつき!!」って叫んでしまったくらいよ。

Jackie Thompson ー ビジターセンター マネージャー

Ardbeg Distillery

現在の姿

Ardbeg Distillery

Peaty Path to Maturity

ARDBEG TEN Years Old

アードベッグ 10年

ファンと共に再生の道のりを歩んできたアードベッグ。
2008年7月からは新体制移行後に蒸留した原酒のみを使用した
「10年」がリリースされ、アードベッグ復活を世に知らしめることとなりました。

Aroma

海を思わせるヨード香、燻製魚、炭焼コーヒー、柑橘系の果実の香り。
チョコレートとトフィーの甘さやシナモンスパイス、
薬品のようなフェノールの香りが魅力的に絡み合う。

Taste

少しぴりっとした刺激があり、その後重厚感が現れ甘美な味わい。
フィニッシュはドライ。タバコの煙とエスプレッソコーヒーのフレーバーとともに、
深みのあるピート香が口一杯に広がる。

「伝統的なアードベッグのスタイルを再現しようと、できる限りを尽くしました。
モルトはポートエレンで50/65ppmのヘビーピートに仕上げています。
熟成樽の材質も、ぐっと良質になっています。」

(ビル・ラムズデン)

ARDBEG TEN Years Old

  • History of Ardbeg
  • Against the Odds
  • Ardbeg Returns
  • Ardbeg Distillery
  • Peaty Path to Maturity
  • TEN Years Old

pagetop